256円 ホウ酸 ダンゴ ホウ酸 ダンゴ(3g*24コ入)【inse_2】 日用品雑貨・文房具・手芸 日用消耗品 虫除け・殺虫剤 その他 ホウ酸 ダンゴ 3g 24コ入 男女兼用 inse_2 256円,ホウ酸,/drill1937068.html,ダンゴ,日用品雑貨・文房具・手芸 , 日用消耗品 , 虫除け・殺虫剤 , その他,ホウ酸,eurodaewoo.com,ダンゴ(3g*24コ入)【inse_2】 256円,ホウ酸,/drill1937068.html,ダンゴ,日用品雑貨・文房具・手芸 , 日用消耗品 , 虫除け・殺虫剤 , その他,ホウ酸,eurodaewoo.com,ダンゴ(3g*24コ入)【inse_2】 256円 ホウ酸 ダンゴ ホウ酸 ダンゴ(3g*24コ入)【inse_2】 日用品雑貨・文房具・手芸 日用消耗品 虫除け・殺虫剤 その他 ホウ酸 ダンゴ 3g 24コ入 男女兼用 inse_2

ホウ酸 ダンゴ 3g 24コ入 男女兼用 inse_2 出群

ホウ酸 ダンゴ ホウ酸 ダンゴ(3g*24コ入)【inse_2】

256円

ホウ酸 ダンゴ ホウ酸 ダンゴ(3g*24コ入)【inse_2】



お店TOP>日用品>虫よけ・殺虫剤・忌避>殺虫剤>殺虫剤全部>ホウ酸 ダンゴ (3g*24コ入)

商品区分:医薬部外品

【ホウ酸 ダンゴの商品詳細】
●大型ゴキブリにも効く。
●誘引力アップ
●特殊誘引剤配合。動物性エキス配合。
●安心容器入り。
●タマネギエキス配合
●米ぬかオイル配合
●本品は置くだけで、有効成分の働きにより、ゴキブリが知らぬ間にいなくなる手づくりタイプのホウ酸ダンゴです。コキブリを屋内から追放し、ゴキブリの発育繁殖を防ぎます。本品は4~5ヶ月効果が持続しますので、年に3~4回お取替えください。3月頃から置きだすと年中コキブリの姿を見ずにすみます。
●防除用医薬部外品。

【使用法】
ホウ酸ダンゴをゴキブリの出る所(台所、冷蔵庫のうら、食器棚の中、流し台の下等)に1平方メートル当り1個を置くだけです。本品を一度に使用しない場合は袋に入れて保存してください。乾燥しても効果に変わりはありません。

【効能】
本品を置くだけで有効成分の働きでゴキブリを知らぬ間に駆除できます。本品は乾燥しても効果に変わりはありません。

【成分】
ホウ酸
【使用上の注意】
1.使用に際しての注意
・定められた用法・用量を厳守すること。
・本品はホウ酸を含有した製剤です。
・容器から内容物を取り出して使用しないこと。
・飲食物、小児のおもちゃ、皮膚、飼料などに触れないようにすること。
・薬剤が手に触れた時は、石けんと水でよく洗うこと。
・ゴキブリのエサになるものはあらかじめ除去しておくこと。
2.使用中及び使用後の注意
・使用中や保管の際は食品と区別し、誤って食べないよう十分注意すること。
・万一誤って食べた場合は、すぐに吐き出させ、医師にホウ酸を含有したものである事を告げて手当てを受けてください。
・使用中は小児がもてあそんだり、ベットが触れないよう注意すること。
3.保管上の注意
・直射日光を避け、小児の手の届かない所定の場所に保管すること。
4.廃棄上の注意
・容器は使用後プラスチックゴミとしてすてること。

【原産国】
日本

【発売元、製造元、輸入元又は販売元】
オカモト

画像はイメージ画像の為、実際の商品とはパッケージデザイン等が多少異なる場合がございます。予めご了承願います。

リニューアルに伴い、パッケージ・内容等予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

オカモト
113-8710 東京都文京区本郷3-27-12
03-3817-4226

広告文責:グループ株式会社
電話:050-5577-5043

[殺虫剤]

ホウ酸 ダンゴ ホウ酸 ダンゴ(3g*24コ入)【inse_2】

インド&スパイス料理家、渡辺玲のブログ。2019年9月4日、ヤフーブログから移行。

今週のサザンスパイス料理教室はこのような内容。

25日19時~22時
【イチから始める南インド料理 タミルのカレー、コロンブの魅力】 1.ナスのカラ(プリ)コロンブ  タマリンドを利かせた野菜カレー。本場のミールスでも人気のアイテム。 2.ミーン・コロンブ  魚のコロンブ。タミルのフィッシュカレー 3.サトイモのマサーラー  南インド式スパイス炒め煮込み ★5500円
★コロンブは、南インド、タミルのカレー。KUZHAMBUあるいはKULAMBUと書いて「コザンブ」とか「クリャンブ」などといったりもする。タマリンドによる酸味の演出が最高の見せ場で、サンバルもコロンブの一種といえる。
 ヨーグルトベースの「モールコロンブ」、挽き割り豆の団子を具にする「ウルンダイコロンブ」もレッスンしたかったが、次回に回すことにした。


 グレービーにココナッツミルク、さらには白ゴマのペーストを入れた、珍しいコロンブ。ベーシックなコロンブでは、ココナッツなしが多いのだ。(2020年、サザンスパイス)

26日13時~17時30分
【今、これが食べたい 酒の肴にもなるインドの味】 1.ミーンワルワル  特製パウダーのフィッシュフライ 2.シュリンプパコラ  インド版エビのかき揚げ 3.生トマトのチャツネ 4.ポーク・マッパス  ケララのココナッツの利いたカレーを、今回特別に豚肉と豚ホルモンで。 5.チキンタワフライ  鶏肉のドライなスパイス炒め。 6.チャイ  締めの一杯 ★11000円
★この日のアイテムは全部おすすめ。


 超ドライな仕上げの「チキンタワフライ」。今回はもっとグレービーあり(2013年、チェンナイ)。


27日13時~17時45分
【スパイシーカフェ開業指南講座~インドのステーキ】 1.インドのステーキ その1 2.インドのステーキ その2 3.インドのハンバーグ その1 4.インドのハンバーグ その2 5.ケララチキンシチュー   今回は野菜もたっぷりで。 6.ジーラガーリックバターライス   クミンを利かせます。 ★「インドのステーキ」は、以前ご紹介したレシビとは異なるものを2種類用意しています。 今回も超おすすめです。 ★11.000円

 いずれの日も参加ご希望の方は、サザンスパイスのサイトからお申込みを。

《このブログを書いているときのBGM》
THE CULT『LOVE』(1985)
 後にリックルービンと出会い、一挙にツェッペリン化。英米ともにウケるようになったが、ゴシックでポストパンクなこの時期も好きだ。

https://www.youtube.com/watch?v=RD5b_0QB0wI

 なぜかピーターバラカンさんの『ポッパーズMTV』で、何度かオンエアされていた。

★「サザンスパイス」新公式サイトはコチラ(料理教室の予約もこのサイトでどうぞ)

★YouTube「スパイスチャンネル」も要チェック!

★アジアン料理ユニット『ヤミーズディッシュ』のブログ 

前の記事から、随分と間があいてしまった。書きたいこと、あるいは書くべきことはいくらでもある。
しかし思うに任せない。すべては、病歴15年を超えるパーキンソン病のせいだ。政府が指定する「難病」の1つで、まあ、こんな病気である。

 YouTubeには、私のチャンネルがある。
 スパイスチャンネルだ。

 映像というのは残酷で、体の有り様を現実そのままに映し出す。ここでも、パーキンソン病に起因する手足のふるえや余計な動きははっきりわかるが、編集の仕方がうまいのか、さほど気にならない。

 先日、映画の取材を受けた。来春公開予定のドキュメンタリー映画「カレーは、もはや日本食。」に関連したインタビューの抜粋で「カレー賢者スパイスカレーを語る」という連続企画になっている。

 私の登場場面は、冒頭からパーキンソン病からくる不随意運動(ジスキネジア)全開で、何とも厳しい絵柄だが、いいたいことはいっている。「カレーブロガー」や「スパイスカレー」の信奉者たちが何かいってくるだろうが、実名を出さない輩だろうから、相手にしない。

 ビデオに映る自分を見るのは、はっきりいって苦痛だ。大昔のバンド時代、ステージ上を軽々飛び回っていたはずなのに。とも思う。しかし、現実は現実として受け入れないと、何も始まらない。幸い、料理はきっちり作れるし、舌の感覚もこれまで通り。動かない体を抱えて、今日も頑張ろう。
 月並みだが、私の姿を見て、同じくパーキンソン病の方々、さらにはそれ以外のさまざまな病気で苦しみ悩んでいる方やそのご家族の気持ちが少しでも楽になれば、そして、パーキンソン病を知らない皆損には。こういうやっかいな病気のあること、知っていただければ幸せだ。

《このブログを書いているときのBGM》
OZZY OSBOURNE 『BLIZZARD OF OZZ(1970)』
オジーもパーキンソン病。
https://www.youtube.com/watch?v=U8SCm7kNhOk
それにしてもランディローズ、ナイスなプレイだ。

★「サザンスパイス」新公式サイトはコチラ(料理教室の予約もこのサイトでどうぞ)

★YouTube「スパイスチャンネル」も要チェック!

★アジアン料理ユニット『ヤミーズディッシュ』のブログ 






 

 昨年夏、そして今年の冬も好評だった新宿伊勢丹の「カレーフェス」に、今年も参加している。

 今も全国の成城石井各店を中心に大好評販売中のレトルトカレー「ビーフナハリ」「ラールマース」はもちろん、南インドカレーの傑作「チキンペッパーフライ」、バスマティライスもついた「チキンビリヤニ」、そして手軽でおすすめの「レモンライス」「ジーラライス」「トマトライス」「ココナッツライス」のスパイスキットなど、私関連のアイテムが多数販売されている。

 そんな中、21日(土曜日)、私が伊勢丹店内厨房で「チキンダムビリヤニ」約100食を調理。本場のビリヤニによく添えられる野菜のヨーグルト和え「ライタ」も付けて、1200円プラス税で販売する。

 チキンダムビリヤニはチキンのスパイス煮込み(濃い目のチキンカレー)と硬めにゆでたバスマティライスの重ね蒸しご飯。白、黄色、そしてカレー色に染まったバスマティライスのマーブル模様も美しく、日本のビリヤニ好きに圧倒的な人気がある。ちなみにダムとは重ね蒸しのことで、重ね蒸しをしない「炊き込み」式のビリヤニがご飯全体同一色なのに対し、ダムビリヤニは前述のようなマーブル模様になる。

 大ぶりにカットした鶏モモをスパイシーに煮込み、インドの超高級米であるバスマティライスとじっくり重ね蒸し。本場そのままの味わいをぜひ試していただきたい。

★新宿伊勢丹カレーフェスの概要はコチラ



クッキングスタジオ「サザンスパイス」でレッスンしているチキンダムビリヤニの一例。



《このブログを書いているときのBGM》
 THE STOOGES 『FUN HOUSE(1970)』
いうまでもない「基本の1枚」。
柳宗理 Yanagi Sori 柳宗理 ステンレス パンチングストレーナー ザル 16cm ざる Yanagi Sori

★「サザンスパイス」新公式サイトはコチラ(料理教室の予約もこのサイトでどうぞ)

★YouTube「スパイスチャンネル」も要チェック!

★アジアン料理ユニット『ヤミーズディッシュ』のブログ 



↑このページのトップヘ